Would you like to know how to maintain your beloved car cleaned and brilliant?

We have an English speaking staff and we can make international shipping.Feel free to contact us if you have any questions or need more information about our company and our excellent products.

E-mail: carpika@carpika.net

クルマのボディーにつく水垢とガラスにつく水垢は、似て非なるもの。ある程度までは洗剤で除去できるボディーの水垢に対して、洗剤では除去できないのが窓ガラスの水垢です。これの発生する理由と除去方法を今回は解説します。

ウロコ状の水垢がガラスに付着…

ガラスのウロコ

車のガラスに付着する、丸い輪のような水垢。通称、ウロコと呼ばれるガラス特有の汚れです。例えば後ドアの窓などプライバシーガラス(黒っぽく着色されたガラス)などでは、見た目が悪くなりますね。また、フロントガラスでは、視界に影響が出てしまいます。(後述)

ちなみにこの除去には、中国のレアアース問題も関係しています。レアアース問題に関しては、下部に「雑学」として記載していますので興味のあるかたは読んでみてください。


ガラスのウロコ

右写真が、そのウロコ状の水垢を写真に写したものです。多かれ少なかれあなたの車にも付着していると思います。

これは、雨や水道水などのガラスに付着した水分が蒸発した際にガラスに残った不純物です。特にガラスにはガラスに付着しやすい成分が残りますので、かなり厄介な存在です。また、雨の度に繰り返されることで、どんどん厚みが出てきて、除去が困難になっていきます。

見た目も悪いですが、それ以上にフロントガラスでは運転の邪魔にもなります。

油膜とウロコ状の水垢のコンビが最悪

フロントガラスでは、このウロコ状の水垢だけで視界が悪くなることはまれです。ただ、このうえに油膜が付着することで、対向車のヘッドライトなどがウロコに沿って乱反射して、視界が極端に悪くなってしまいます。

  • 雨中での走行
  • 暗くなってからの走行

この2つの状況では、特に対向車のヘッドライトの光が乱反射することで視界の大半が奪われて、運転が危険になってしまうので、ガラスの水垢はしっかり除去しておきましょう。

ガラスの水垢は洗剤では取れないの?

残念ながら、ガラスに付着するウロコ状の水垢は通常の塗装面の水垢と異なり、ガラスと強固に結びついてしまっています。洗剤で洗えば落ちるようなレベルではありません。

では、どうすれば良いのか?
結論からいうと専用の除去方法が必要です。

油膜だけであれば、市販の油膜除去剤でもかなり除去できますが、ウロコ状の水垢は、ガラスの上に凸状に付着している固体ですので、削り落とす必要があります。削り落とすといっても、ガラスに傷をつけては意味がありません。ガラスに傷がつかない、それでいて付着した頑固なウロコ状の、水垢を削る研磨剤が必要になってきます。

ガラスのウロコ

※ガラスのウロコの除去には溶かす方法と削る方法があります

綺麗な車は輝く

クリアな窓ガラスは、年式の古い車でもイメージがかなり良くなりますね。

洗剤では落ちないガラスの水垢。油膜だけでも落とさないと危険です。

ガラスの「水垢」と「油膜」は、違います。

油膜とは、読んで字のごとく油です。例えば、天井にかけたワックスが雨で流れ出てきて、フロントガラスなどに付着したり、道路の走行中に付着した油です。これが危険な存在で、対向車のヘッドライトや街灯の光を乱反射させます。安全運転をするためにも絶対に除去が必要です。

一方、ウロコ状の水垢は、フロントガラスに多数付着しない限りはそれほど視界をさえぎることはありません。ただ、このウロコ状の水垢の上に油膜が乗ってしまった場合が、最悪なのです。(そして、殆どの場合ウロコ状の水垢は油膜とセットになっています)

特にワックスの油が流れてできた油膜は強固でやっかいな存在でもありますので、油膜だけでも除去して、運転に必要な視野を確保してください。

※ワックスを使わない新しい洗車の知識、撥油系コーティングに関してはこちらで解説したので参考になさって下さい。

今回解説したように、愛車のガラスにとって、ウロコ状の水垢は、見た目が悪いだけでなく、運転上も危険をともないます。早めに除去が基本です。フロントガラスは安全な運転のために視界の確保のために。サイドのガラスやリアガラスは愛車の見た目向上のためになりますよ。

【雑学】 中国のレアアース問題で・・・

ウロコ状の水垢除去では、酸性の溶液で溶かして処理する方法と、研磨剤で削って除去する方法の2種類が代表的な処理方法です。
そのうち削って落とす方法で一番普及していた研磨剤が酸化セリウムでした。この酸化セリウムがレアアースで殆どを中国から輸入していたのです。そこに去年(2010年)、中国からのレアアース輸出制限などのごたごたがあり、レアースには関係ないと思われていた洗車業界でも在庫薄の状況が発生しました。(ちなみにこの時、中国から提示された卸価格はそれまでの10倍近くで、割り当て量も極端に減っていました。)

私も10倍の原価高騰ではさすがにどうにもできず、ちょうど研究中だったほかの素材での研究を最優先にして製品をリニューアルしたという経験があります。現在もこの問題は洗車業界全体としては改善されておらず、現在保有する在庫限りで、今後は酸化セリウムを使っていた製品は廃盤になるか、リニューアルが行われていくと思われます。

油膜もウロコ状の水垢も一気に除去の専用除去剤ウロコ狩り

「ウロコ狩り」は、ガラス専用に開発した特殊な研磨剤です。わずか数ミクロンの細かい研磨粒子がガラスには傷をつけないようにウロコを除去します。施工を始めると、まず油膜が除去され、その後、磨く回数を増やすことでウロコも綺麗に除去してしまいます。「鎧yoroi」は高耐久のガラス撥水剤で、フロントガラスをフッ素で保護しつつ強力な撥水を実現した製品です。消費税込:4,113円

商品をチェックする

セットで買うとお得!普段からの愛車ケア おすすめの2種類

下地の処理からこだわって、だれもがうらやむ優越感のある艶を自分の手で実現します。プロ施工点が生み出した素人でも可能な究極の艶。
塗装表面やすでにコーティングを加工済のボディーに簡単に汚れ防止の特殊被膜を形成します。作業時間はわずか20分!


ショッピングガイド

    • 6,000円(税別)以上お買い上げで送料無料です
    • 商品合計6,000円(税別)以上お買い上げで、全国一律送料無料とさせていただいています。

      6,000円(税別)未満の場合、全国一律送料650円(税別)です。※一部メール便対応可能(送料82円)の商品もございます。

    送料・手数料について

    • できるだけ早いタイミングで発送します
    • カーピカネットの商品は、趣味性の高い物が多いので、ご購入いただいた商品をできるだけ早くお手元に届けるために、最短での発送を心がけています

    詳しくはこちら

    • 支払い方法は以下の6種類
    • 銀行振込、郵便振り込み、代金引換便、クレジットカード払い、NP後払い(商品到着後払い)、Amazonペイメント、Apple Pay

    お支払い方法について

お問い合わせ

    • お電話
    • 097-555-9333
    • 受付時間:9:00〜18:00(月〜土曜日)
      定休日:日曜・祝日
    • FAX
    • 097-555-9332
    • 受付時間:24時間
    • メールで質問
    • コーティング剤や洗剤の使用方法など、質問はスタッフがお答えしています。お気軽にどうぞ!
    • 質問フォームはこちら