車には、なんで水垢がつくの?? 対処方法は??

クルマは、放っておくとドンドン汚れてしまう。そもそも、クルマには、なんで水垢がつくのだろうか?。今回はそんな素朴な疑問に答えつつ、水垢のつかない普段からの愛車ケアを考察します。

頑固な水垢が消える魔法のクリーナー「リセット」

車の水垢落としクリーナー、リセット

まずは、頑固に付着した水垢を簡単に水垢除去ができるクリーナー、リセットで落としましょう。誰でも簡単に力を入れずに水垢が除去できます♪

車の水垢落としクリーナーのリセットを使って水垢除去

水垢と同時に塗装表面の劣化(チョーキングなど)で艶がなくなった場合もリセットを使うと艶が復活します。

艶の無くなった塗装もリセットで復活します

リセットの購入ページへ

水垢の正体とは??

たとえば、雨がしっとり降って、洗車がする暇が無く数日が過ぎて…気がつけば愛車に水垢が・・・ってなりますよね。そして、水垢といえば右写真のように、車に嫌な筋を作ってしまいますね。でも、コレ(水あか)って、何なんでしょうね?今回は、そんな水垢の正体と対策をお教えます。

水垢の正体は油??

汚れには大きく分けて2種類が存在しています。それは、

  1. 水性の汚れ と、
  2. 油性の汚れです。

水性の汚れとは、水で流すことのできる汚れ(埃などの固形物など)です。一方、油性の汚れとは、水では落とせない汚れになります。油の性質で、水を弾いてしまうのです。そのため、ホースや高圧洗浄器で勢いよく水をかけても落ちません。これが、水垢を作ってしまう汚れになります。

表面に油性の膜があると水垢が付着しやすい

カーピカネットユーザーの方には、もはや常識的な話かもしれませんが、塗装の表面にワックスなどの油性膜があると油とくっつく性質の油性の汚れは付着しやすくなり、さらには取れにくくなります。この現象を実験してみました。

【ワックスと撥油コーティングの実験】

クルマの塗装面に3つの加工をします。

  1. 固形ワックスを塗布(写真の1の部分)
  2. 何も塗らない(写真の2の部分)
  3. 撥油系コーティングのGモードを塗布(写真の3の部分)

そして、各面に着色した油を均等に塗ります。その後、雨を想定して霧吹きで水を吹きかけたときに、塗装面に塗った油がどのように変化するのかを観察します。

【結果】

このようにワックスを塗布した(1)の部分により多くの油が付着し、同様に(2)の何も塗布しなかった塗装面にも油汚れが付着するという結果になりました。一方、ほとんど油の付着が見られなかったのが(3)の撥油系コーティング剤「Gモード」を塗った塗装面です。これはどういうことなのでしょうか?

※この実験は、下の動画でも確認できます↓

↑固形ワックスや未施工の塗装面とGモードの比較実験動画

クルマのケアで大事なのは、撥水ではなかった!

クルマの表面に塗る物の定番は、やはり固形ワックスです。そしてその撥水効果がクルマを保護している基準のように考えられています。しかし、今回の実験からもわかるように、クルマに付着する水垢の原因が油である以上、水に対する性能である撥水は、クルマを汚さないためにはほとんど役に立っていません

水垢の原因である油を寄せ付けない(=撥油性能)こそが、クルマを汚れから守り、常に愛車をキレイに保つために必要なのです。ところが、この撥油性能をもったコーティング剤というのは、まだまだ新しい分野のため、ほとんど存在しないのが現実です。今まで、クルマをキレイに保つならワックスと思っていたのに、実はそうとも言えないという現実は、これから徐々に浸透していくかもしれない新しい知識ですね。

「カーコーティングは全般的に油を弾くのか?」

実は、そう簡単な話ではありません

これまで、カーコーティングも撥水や疎水、親水など水に対する性能をその基本性能の一つとして考えられてきた歴史があります。コーティング=撥油というわけではなく、撥油に関しては性能を持っていないものも多々あります。

また、コーティングの謳い文句の多くは、「性能が○ヶ月持ちますよ!」といった、イマイチ何を基準に測っているのかが、ユーザー目線では分かりにくいものでした。これは表記する数だけ増やしておけば、高性能っぽく見えるという売り手にとっては売りやすい見せ方でした。

それらの歴史から、適切な洗車回数を推奨する(洗車がしやすくなる性能である)撥油という、油に対する性能というものはあまり着眼されてきませんでした。(確かに、その方が販売側としては、商品が売りにくくなります(^_^;)

でも、あえて売りにくいことを承知で言いますが、

洗車しなくてもコーティングしてるから大丈夫! なんてことはありません。

適切なタイミングで洗車を行い、その洗車だけで愛車が綺麗を維持できるのであれば、それがより良い選択だと思います。手洗い洗車をもちろん推奨していますが、時間が無い場合は、洗車機でも良いと思ってます「手洗いにこだわるがゆえに中々洗車ができない」なんてことも聞きますが、それであれば洗車機の一番安いシャンプー洗車のコースでまめに洗ってあげた方が良いと思います。

そういった、洗車だけでも愛車を綺麗に維持させて、頑固な水垢の付着を防ぐために、撥油性コーティング剤の「Gモード」を定期的に行っておいてください(といっても、通常のシャンプー洗車と同じ要領で洗車するだけで、コーティングが完了するので、手間はかかりません)

撥油系コーティングのGモードをしておけば、簡単に汚れも落ちるし、洗車も楽です。

今回解説したように、愛車をケアするためには、まず「撥油系コーティング」をしておくことが大事です。そして、やはりこまめな洗車が大事になってきます。

カーコーティングの新常識!撥油系コーティングのGモードはコチラ

これだけ揃えば大丈夫!一式届く人気のセット情報

カーピカネットの人気商品「Gモード」と、残存ワックスの除去に必要な脱脂洗浄に定評のある「洗う幸せ」。傷やどうしても落ちない汚れがある場合に重宝する「リセット」などをセットにしました。

Gモード、洗う幸せセット
Gモード 洗う幸せセット
5,000円(消費税込:5,400円)
送料無料
Gモード ファインセット
6,666円(消費税込:7,199円)
送料無料
リセット&Gモードパック Aプラン
7,800円(消費税込:8,424円)
送料無料

 

商品をチェックする

セットで買うとお得!普段からの愛車ケア おすすめの2種類

下地の処理からこだわって、だれもがうらやむ優越感のある艶を自分の手で実現します。プロ施工点が生み出した素人でも可能な究極の艶。
塗装表面やすでにコーティングを加工済のボディーに簡単に汚れ防止の特殊被膜を形成します。作業時間はわずか20分!

ショッピングガイド

    • 5,500円以上お買い上げで送料無料です
    • 商品合計5,500円(税別)以上お買い上げで、全国一律送料無料とさせていただいています。

      5,500円未満の場合、全国一律送料540円です。※一部メール便対応可能(送料82円)の商品もございます。

    送料・手数料について

    • 返品OK!お試し返金保証付き
    • 30日間返金保証制度。商品を購入後、その性能に満足いただけない場合は、代金をお返しする返金制度を設けております。

    返品・交換について

    • 支払い方法は以下の5種類
    • 銀行振込、郵便振り込み、代金引換便、クレジットカード払い、NP後払い(商品到着後払い)、Amazonペイメント

    お支払い方法について

お問い合わせ

    • お電話
    • 097-555-9333
    • 受付時間:9:00〜18:00(月〜土曜日)
      定休日:日曜・祝日
    • FAX
    • 097-555-9332
    • 受付時間:24時間
    • メールで質問
    • コーティング剤や洗剤の使用方法など、質問はスタッフがお答えしています。お気軽にどうぞ!
    • 質問フォームはこちら