車の汚れの正体とその対処方法。コンパウンドは必要悪?

「愛車の汚れ」と一言にいっても、その種類は様々。その違いを理解し、ピッカピカの愛車を仕上げましょう!

対処療法は長続きせず・・・

白い車の水垢

コンパウンド、研磨剤などの対象物を削ることによって、洗浄を行うタイプのクリーナーやワックスなど…実際問題として、便利です!…ただし、その便利さは、愛車のボディーと引き換えの対処療法ですが。。。

車のボディーは、金属と思われがちです。確かに、金属で出来ています。ということは、、、硬い!・・・確かにそうです(^^)しかし、金属の上に塗装をしています。問題は、汚れは、塗装の上に付くということなのです!車の塗装というのは、それほど硬くありません。草むらを走っただけなのに、小傷がついてしまった。そんな経験ありませんか?

車の塗装は、意外と弱いものなのです。

洗車傷や小傷といったものは、この塗装面につくのです。そして、塗装はそんなに分厚く出来てません。ですから、削るという行為は、極力避けて、愛車を綺麗にしていきたいですよね。コンパウンド(研磨剤)は、塗装面を削るための物です。

コンパウンドは、現在、多くのワックスやコーティング剤に含まれる微粒子の研磨成分です。

コンパウンド入り

簡単に言うとヤスリです。これは、一般市販品では、非常に重宝されている成分です。なんといっても、汚れをボディーの塗装ごと、削り取ってしまうわけですから、汚れが落ちないわけがありません!

その便利さゆえに、綺麗にするための成分として、多用されているのです。ただし、その綺麗さは、愛車のボディーの塗装と引き換えなのですが・・・その事実をはっきりと明記せず、ワックスやコーティング剤としてコンパウンドを液剤の成分中にいれてしまい、一瞬の綺麗さだけを得る方法が、果たしてお客様の愛車のためにいいのでしょうか?

私は正直、反対です。

当店のコーティングスタッフも、研修には充分な時間をかけます。そして、削った面が均一になるように、専用の工具も使用します。

それだけ、愛車に研磨をかけるということは、リスクを伴う、きめ細かい作業なのです。

そのリスクを、専門技術や知識の無い状態のお客様自身に負わせるのは、私はどうしても嫌なのです。

このページにたどり着いた方は、

  • 自分の手で愛車を仕上げてあげたい方
  • 洗車や、コーティングのメンテナンスを自分でしたい方
  • 効果が高く、失敗の危険性が少ない方法を知りたい方
  • 信頼できるプロのアドバイスを求める方

などなど、全員が真剣です。それだけに、メールで届く質問や相談、電話での相談も真剣そのものです。だからこそ、対処療法的な方法ではなく、私は、本物の情報をお客様に提供しなければいけない。根本治療を目指さなければいけないと思うのです。

さて、コンパウンドの次に出てくるのは、酸やアルカリの濃度の強い強力な洗剤などです。・・・下手すると、愛車にシミがつきます。・・・また、人体にも決して無害ではありません!

洗車の頻度は人それぞれですが、多い人は週に1回、平均的には月に1回〜2回という方が多いようです。

だからこそ、そのたびに愛車を削ったり、体に有害なものを触ったりという行為からは無縁の方が良いと思うのです。

では、どうやって愛車を綺麗にしていくのがいいのでしょうか?

洗車、コーティングの専門店を運営する立場からの考えを掲載させていただきます。少しでも参考になれば幸いです(^^)

「汚れ」と一言でくくってしまう訳には・・・

車の汚れは、大きく分けると次の3種類です。

  • 水性の汚れ
  • 油性の汚れ
  • 特別な付着物や傷、凹みなど

水性の汚れ

水性の汚れとは、水で流すことのできる汚れです。
基本的には、表面に付着したり乗ったりしているだけの固形の埃などです。複合要因があるため、水を流すだけで流れ落ちるとまではいきませんが、基本的にはシャンプー洗車を行えば落ちてしまうので、あまり問題にはなりません。

油性の汚れ

油性の汚れとは、水垢の大きな要因となるものです。
水垢の要因には、油があります。油が厄介なのは、塗装面に強固に付着するうえ、水を弾く性質のため簡単には流れないためです。
そしてこれを放置すると、油が紫外線やボディー表面の熱で酸化、焼きついたりしてどんどん取れにくくなってしまいます。
カーワックスを弊社が使わない理由は、ワックスも油性であり、この油汚れを付着させやすい性質を持っているためです。ワックスの油分が油汚れを呼び込んで、さらに強固な水垢などを作ってしまう原因になることもあるからです。

特別な付着物や傷、凹みなど

これは、接着性のある汚れや汚れではなく傷、付着物の影響で痛んでしまった塗装面などを指します。いくつか、代表的なものを掲載しておきたいと思います。

【ピッチタール】ボディー下部によく付着するピッチタールなどは普通の洗浄では落ちません。(下写真参照)

ピッチタールの画像

 

【塗装のヒビ割れなど】鳥の糞などを放置したことによって塗装面がひび割れてシミのように見えるケースもあります。(下写真は、鳥フンによる塗装の割れと鳥フンを拭き取る際に雑巾等の硬い布で擦ったことによる傷が入っているケースです)

鳥糞

 

【太い擦り傷】車は様々な場所を走行しますので、接触したりこすったりして傷と一緒に相手側の塗料などが付着したりもします。

擦り傷

 

【細かい傷】細かい洗車傷や下手な業者が行った研磨のせいで円状の細かい傷が重なり、白ボケて見えたりすることもあります。

洗車傷

 

【チョーキング】塗装面が劣化して、艶も無くなるとともに反射なども鈍くなる状態です。古くなったガードレールが粉を吹いた状態に似ています。(下写真がチョーキングの塗装面です。ライトを塗装に当てて撮影していますが、映り込みが鈍いことが分かりますね)

チョーキング

 

【スケール、イオンデポジット】雨などの水が塗装面上で乾く(蒸発する)ことにより、その水に含まれる不純物が析出した現象です。下写真は、水道水をかけて拭き取らなかったために発生した白いシミです。

水道水の乾き

 

【クレーター】形はスケールやイオンデポジットと同様に雨などの水の形(輪状)で、同じように見えますが、酸性雨などの影響で塗装が凹んだ状態になります。太陽光などに反射させると、輪の外郭(下写真の黒い部分)が反射して光ります。

輪シミ状クレーター

これらの様々な汚れや艶の低減要因に対するそれぞれの対策を次に記載します(^^♪

具体的な汚れ除去対策

水性の汚れ

水性の汚れは水で流してしまうことができるので、シャンプー洗車で流してしまいましょう。ただし、シャンプー洗車では洗車傷を増やさないことが重要です。そのために泡のクッション性、シミを作りにくい中性、泡切れの良さなどが重要になってきます。

プロが使用するシャンプーを市販化したカーピカネットの人気カーシャンプー

イオンシャンプーの詳細1

イオンシャンプーの詳細2

イオンシャンプーの詳細はコチラ

油性の汚れ、特別な汚れ、洗車傷などなど

汚れの種類は、写真で解説しましたが、経験が無いとその見極めも簡単ではないですね(^_^;)
そこで、次のような手順で塗装面の洗浄やメンテナンスを行うと、殆どの場合の汚れに対応できます

 (1)まず、脱脂性能の高い高性能洗剤【洗う幸せ】を使用します。【洗う幸せ】で、油性の汚れや雨などが乾いてできたイオンデポジットなどを除去できます。また、ワックスが酸化して残ってしまっている状態やワックスかすも除去できます。

(2)上記で処理できなかった汚れや傷、頑固に固着しすぎている汚れなどが残っている場合は、【リセット】を使用してください。論より証拠ということで、実際の使用事例をまずは御覧ください。

塗装の傷を消すリセット

リセット使用例(艶のない塗装を復活させる)

車のドアの爪傷除去

 塗装表面の荒れや深い傷が多いなどでコンパウンドによる磨きの処理を必要とする場合も、もちろんあります。しかし、何でも削って済ませるのでは、どんどん塗装面の悪影響を与えてしまいます。研磨の作業は必要悪と考え、絶対に必要な場合のみ行い、普段は削らない方法で愛車をケアすることが基本となります。

【リセット】は、これらの観点から考えた、クリーナーとコンパウンドのいいとこ取りをした製品です。無駄に塗装面を削ること無く、しっかり汚れや傷を処理します。

これだけあれば、全てOK!
【洗う幸せ】、【リセット】、【防汚コーティングシャンプーGモード】をセットにしました。

リセット&Gモードパック Aプラン

リセット&Gモードパック Aプラン

7,800円(消費税込:8,424円)

[78ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

送料無料

バラバラに買うより365円お得!さらに送料無料!!

 

「なぜ、リセットは削り過ぎず塗装表面を処理できるのか?」 …リセットの詳細はコチラ

 

人気商品をチェックする

¥3,000〜 で、話題の撥油性防汚コーティングができる

下地の処理、だれもがうらやむ優越感のある艶を自分の手で実現します。プロ施工店が生み出した簡単施工なのに究極の艶。
塗装表面やすでにコーティングを加工済のボディーに簡単に汚れ防止の特殊被膜を形成します。作業時間はわずか20分!

ショッピングガイド

    • 5,500円以上お買い上げで送料無料です
    • 商品合計5,500円(税別)以上お買い上げで、全国一律送料無料とさせていただいています。

      5,500円未満の場合、全国一律送料540円です。※一部メール便対応可能(送料82円)の商品もございます。

    送料・手数料について

    • 返品OK!お試し返金保証付き
    • 30日間返金保証制度。商品を購入後、その性能に満足いただけない場合は、代金をお返しする返金制度を設けております。

    返品・交換について

    • 支払い方法は以下の5種類
    • 銀行振込、郵便振り込み、代金引換便、クレジットカード払い、NP後払い(商品到着後払い)、Amazonペイメント

    お支払い方法について

お問い合わせ

    • お電話
    • 097-555-9333
    • 受付時間:9:00〜18:00(月〜土曜日)
      定休日:日曜・祝日
    • FAX
    • 097-555-9332
    • 受付時間:24時間
    • メールで質問
    • コーティング剤や洗剤の使用方法など、質問はスタッフがお答えしています。お気軽にどうぞ!
    • 質問フォームはこちら