愛車の小傷や水垢を除去するクリーナー 「リセット」

傷の処理・頑固な水垢除去に対応するリセットの商品画像

これは愛車を維持するために覚えておいてほしいこと

なるべく削らないこと!これは愛車を維持するために覚えておいてください(^^)

コンパウンドは、塗装を削ることで汚れも傷も同時に削り落とすので、簡単に綺麗になったような気がします。※コンパウンドとは、車用品の量販店などで「液体コンパウンド○本セット」や「傷消しコンパウンド」などの商品名で販売されている液状や固形ワックス状などの研磨剤です。また、ワックスなどにこの成分を含有したもの(水垢落としワックスなど)も多々あります。

一般的なコンパウンドは、汚れや傷の厚み分塗装を削ることで、塗装表面を綺麗にしている

確かに綺麗になるのですが、犠牲にしているデメリットをご存知ですか?塗装の厚みは限られています。削れば削るほど、愛車の塗装は無くなっていきます。特に、塗装は層になっていて、削ってもイイ限界値があります。塗装は、なるべく削る量も削る回数も少なくしたいですよね。

では、洗車傷や固まって取れない水垢は、どうするればいいの?

その答えこそが、リセットです(^^) リセットは、クリーナー成分が主体で、研磨剤の効果も必要最小限に制限しているため、愛車を削る量を極力減らしながらも、愛車を綺麗に仕上げていきます。

リセットの使用イメージイラスト:①洗浄成分が汚れに作用 ②研磨微粒子が汚れの一部を削り、そこから洗浄成分が入り込み汚れを除去 ③研磨微粒子が傷を目立たせるエッジ部分に作用し、角を丸く滑らかにする。

今すぐ愛車を綺麗にするならコチラをクリック

ユーザー様からのQ&A

リセットのよくある質問

Q:洗車はあまり経験ありませんが、素人が使えますか?

A:はい、大丈夫です(^^) 簡単に使用できますので、ページ内の【使用方法】を御覧ください。

Q:使ってはいけない、車の塗装色はありますか?

A:全色対応です。ご安心ください(*^_^*)

Q:自分の状況で、使って効果があるでしょうか?

A:「使ってみなければ、効果があるかわからない。」そんな不安な気持ち、よく分かります(^^) そんな場合は、事前にご相談ください。お客様の困っている状況を写真で送っていただくと、スタッフが症状を確認して、アドバイスさせていただきます。詳しくは、ページ下部の【安心サポート】を御覧ください。

リセットの使い方(ヘッドライトやバイザーも同様の作業です)

リセットはリニューアルをしています。(2016年4月リニューアル)
現在のリセットは水に近い液状タイプ、従来は黄色い少し年度のあるタイプです。

1.リセットを使用する前に

リセット使用前はシャンプー洗車などを行い、ほこりなどの汚れを巻き込まない様な状態で使用してください。砂ぼこりなど汚れの状態がひどいまま使用すると傷の発生に繋がります。

2.まずは良く振ります。

リセットは自然と分離する商品です。キャップ部分を抑え、使用前に必ず良く振ってください。中身が混ざり合うまで振ってください。

3.付属の専用クロスへリセットを出します。

付属の専用クロスにリセットを少量(小指の爪程度)出します。この際に多くの量を出すと施工箇所が白くモヤがかかるようになってしまう可能性がありますので少量ずつご使用ください。

4.まずは、軽くなじませるように

専用クロスにリセットを出し終えたら、使用予定箇所に軽くなじませます。そして、そのままなじませるように磨いていきます。※強くこすると傷の原因になります。

5.磨く際は、角を丸くする様なイメージ

傷に使用する場合は、傷の角を取るようなイメージで磨いていきます。様々な角度から磨くイメージです(^^)※強くこすると傷の原因になります。

6.磨き終えたら、拭き取りを行います。

一通り磨き終えたら、付属の専用クロスを使用し、拭き取りを行います。この工程は、磨きで使用していない面で拭き取りを行います。

7.リセット使用後は、再度コーティングしましょう。

リセットにはコンパウンドが含まれています。つまり、リセット使用後はコーティングが剥がれてしまいます。その為、カーピカネットでは再度コーティングを行うことをオススメしています(^^)コーティングを再度行うことで、車を綺麗に維持することに繋がります♪

リセットには脱脂効果が含まれている為、そのままコーティング施工に移れますが、気になる場合は洗う幸せなどでシャンプー洗車を行いその後コーティング作業に移ってください。


リセットの便利な使い方:広範囲を磨く場合はこの方法が便利です。

2段スポンジをリセット専用クロスで包み、リセットを適量つけ使用する様子

2段スポンジを別途購入する場合はコチラ

カーピカネットコンパウンド商品「リセット」と「コンパウンド ワイド」の違い

リセットとコンパウンド ワイドの違い

クリーナー成分がメインのリセットと自己粉砕型コンパウンドのコンパウンド ワイド

リセットの主成分は洗浄剤です。車のクリーニング作用の効果が圧倒的に多い作りとなっています。傷の中に蓄積してしまった汚れを取るのがリセットの役割りです(^^)そのおまけに,傷の角の部分をなめらかに研ぐために、研磨剤が入っています。傷の角の部分を滑らかにすることで、傷が目立ちにくくなるということです。

この研磨剤の粒子は、カーピカネット商品でもっとも小さい粒子が入っています。(コンパウンドワイドの最終仕上げ状態の粒子よりもさらに小さい)レンズや、透明なものを研磨するようなときに使用されます。あくまで塗装の表面を削りたくないということを優先し、削らない中で仕上げていくためにここまで細かい粒子を使用しています。気になる傷へリセットを使用しても効果が得られないようなケースもあるのです。その為、リセットご購入前には事前にどのような個所に使用予定なのか?などをお客様へお聞きしています(^^)


コンパウンド ワイドは、自己粉砕型コンパウンドです。簡単にいうと、粗研磨から仕上げ研磨まで1本で終わるものです。粒子の集まりが、磨く際の圧力により磨く度にバラバラと小さくなっていくという設計になっています。数種類のコンパウンドを使い分けなくても、傷のケアができます。

その為、傷が深い時や傷が多い状況などに最適です。しかし、塗装がえぐれている様な深い傷はコンパウンド ワイドでは対応ができません。リセット同様、力をかけ過ぎると傷の原因になります。削りすぎには要注意しましょう。

リセットとコンパウンド ワイドの違いや特徴について詳しく解説しています。ご覧ください(^^)



リセット、人気の理由

ビックリするほど簡単なのに、驚くほど綺麗になることが、リセットが人気の理由です。さらに、コーティング専門店が作ったクリーナーだから、一回だけじゃなくて長期わたって愛車を維持することが性能設計の基本になっています。特に塗装を削ることを最小限にした優しさ設計が、愛車を大事にしたいユーザー様に受けています。

今すぐ愛車を綺麗にするならコチラをクリック

開発の想い(リセット誕生秘話)

リセットの開発秘話

カーピカネットでは、塗装面を削る「研磨」という行為を極力避けたボディケアをお薦めしています。その主な理由は、主に以下の3つです。

  1. 愛車の表面についた汚れなどは、様々な種類があります。しかし、その大半は、専用のクリーナーを利用することで汚れだけを除去することが可能です。
  2. それら専用のクリーナーで落とせる汚れは、コンパウンド(研磨剤)で削る必要はなく、なによりコンパウンドの使用は、問題の無い塗装まで削り落としてしまう。
  3. 塗装には、車本来の艶を出すために必要な厚みがあります。研磨という作業はその厚みを減少させてしまう行為です。当然、厚みが足らなくなってくると艶そのものが出にくい状況になってしまい、最悪の場合は塗装そのものが完全になくなった状態になります。

クリーナーやワックスに研磨剤を配合して、なんでもかんでも「削れば楽だ。」という方法で、一時的に効果を得るごまかしのやり方に異論を唱えてきました。しかし、すべての塗装は削らなくてもケアできるかというと、

答えは「NO」です。

それまでの、ケアが足りなかったり、外からの要因で傷が着いたりして、削ることが必要な場合もあります。

例えば、

  • 雑巾などで車を拭き続けたため、薄い傷が多数つきすぎていて、艶が鈍くなってしまった状態
  • バンパーなどを軽くこすってしまい、こすり傷が目立つ状態
  • ワックス系の油性成分で表面に多数のシミやウォータースポットができてしまった状態などなど…

カーピカネットでは、塗装を削る作業は必要悪と考えています。そのためできるかぎり少なく、必要な場合に、必要な部分だけ行うという方針です。

私達は、カーコーティングの施工店舗からスタートした会社です。そのため、磨くという処理に関しては、プロ中のプロです。だからこそ、磨きということの難しさ、そのリスク、どのくらいのトレーニングが必要なのか?などの一般の人が磨き処理を簡単に行うことができない理由がすべてわかっています。だからこそ、コンパウンド(研磨剤)の販売には、今まで慎重になって踏み込めずにいました。

約8年間、悩みぬいてきたこの課題に1つの解決策を見出しました。その解決策を商品化した製品がこのReset(リセット)です。(2011.2.15発売開始)

リセットは、超微粒子の研磨剤は含有しているものの、その含有量は少なく、特殊なクリーナーがメインの成分となっています。その効果も3段階で塗装面に作用する仕組みになっています。これで、一般の方にも安心して使っていただけます。もちろん、毎回使うのではなく、「必要な場所に必要なだけ」をしっかり守ってくださいね♪

安心サポート

3つの安心サポート

スマホで相談

1.使用前後の疑問を解消

「この汚れは落とせるの?」そんな疑問は、購入前でもどんどんご相談ください★特に、画像で判別して回答させていただくサポートは、好評を頂いています(^o^)

携帯電話でも、デジカメでも構わないので、気になる症状を写真に撮ってメールでご相談ください♪ スタッフが画像と、相談内容から原因や症状をできるかぎり推測し、対応可能かどうか?可能であれば、どのように使用すると効果的なのか?をお応えしています♪

お問い合わせはコチラをクリック

今すぐお電話にてご相談されたい方はコチラをクリック

2.その場で疑問解消

使ってみて悩んだり、取扱説明書を見て悩んだ場合、その他イロイロ、その場で電話頂いてもOKです★ 「使用方法を間違えていて効果が出ない」そんな事にならないように、しっかりサポートさせて頂いています♪

097ー555ー9333:9:00~18:00(日曜を除く)

最短発送でお届けします

3.できるだけ早いタイミングで発送します

ネット通販は店舗での購入と異なり、注文をしてからお手元に届くまでに時間がかかります。

特にカーピカネットの商品は、趣味性の高い物が多いので、ご購入いただいた商品をできるだけ早くお手元に届けるために、最短での発送を心がけています。詳しくはこちら

商品ラインナップ

リセット200ml
  • リセット200ml(専用クロス付)
  • 2,800円(消費税込:3,080円)
  • 数量

お得なセットで送料も節約できます

リセット&Gモードパック Aプラン
  • 送料無料
  • リセット&Gモードパック Aプラン
  • 8,100円(消費税込:8,910円)
  • バラバラに買うよりお得!さらに送料無料!!セット内容:リセット200ml、Gモード250ml、洗う幸せ250ml、極細繊維クロス(超吸収タイプ)、洗車スポンジ(黄)
    会員登録をすると300円引き♪ 詳しくは商品画像をクリック♪
  • 数量
リセット&Gモードパック Bプラン
  • 送料無料
  • リセット&Gモードパック Bプラン
  • 6,300円(消費税込:6,930円)
  • バラバラに買うよりお得!さらに送料無料!!セット内容:リセット200ml、Gモード250ml、極細繊維クロス(超吸収タイプ)、洗車スポンジ(黄)
    会員登録をすると300円引き♪ 詳しくは商品画像をクリック♪
  • 数量
リセット&Gモードパック Çプラン
  • リセット&Gモードパック Cプラン
  • 4,900円(消費税込:5,390円)
  • 傷を消すリセットと人気の防汚コーティングシャンプーのGモードをセットにしました。セット内容:リセット200ml、Gモード250ml
  • 数量

 



ショッピングガイド

    • 6,000円(税別)以上お買い上げで送料無料です
    • 商品合計6,000円(税別)以上お買い上げで、全国一律送料無料とさせていただいています。

      6,000円(税別)未満の場合、全国一律送料650円(税別)です。※一部ネコポス対応可能(送料300円)の商品もございます。

    送料・手数料について

    • できるだけ早いタイミングで発送します
    • カーピカネットの商品は、趣味性の高い物が多いので、ご購入いただいた商品をできるだけ早くお手元に届けるために、最短での発送を心がけています。
    • 【お振込みの場合】
    • ご入金確認後の発送です。午前中(12:00)までに、ご入金確認が取れた場合、午後の便で出荷致します。※在庫欠品時を除く
    • 【代金引換便・クレジット決済の場合の場合】
    • 一番早いタイミングでの出荷日を、メールでご案内させていただきます。※基本的には、当日~翌日発送

    詳しくはこちら

    • 支払い方法は以下の7種類
    •  
    •         
    • 銀行振込、郵便振り込み、代金引換便、クレジットカード払い、NP後払い(商品到着後払い)、Amazonペイメント、楽天ペイ

    お支払い方法について

お問い合わせ

    • お電話
    • 097-555-9333
    • 受付時間:9:00〜18:00
      定休日:日曜・祝日
    • FAX
    • 097-555-9332
    • 受付時間:24時間
    • メールで質問
    • コーティング剤や洗剤の使用方法など、質問はスタッフがお答えしています。お気軽にどうぞ!
    • 質問フォームはこちら